コンピューターを使ってデータ・デザイン作成を支援

CADソフトの導入について、様々な業界で話を聞いた経験のある人も多いでしょう。そもそもCADとはいったい何なのでしょうか。基本的には「コンピューター支援設計」の事を指し、手動で行っていた設計や製図をコンピューターを使い手軽にできるようにした、設計支援ツールです。作図作業の他に施工図や3Dプリンター用のデータ作成などを作ることができます。また、3DCADで作成した3Dモデルの解析を行う事も可能です。新製品の試作を行う前に3Dで作成し、壊れやすさや使いやすさなどをシミュレーションすることができるのも、CADの仕事といえます。ファッションデザイナーが手書きのスケッチを行って、CAD上でデザインする事も可能です。データは自分のパソコンだけではなく、同じプロジェクトに参加している人と共有ができ、他の人がデータに手を加えることもできます。

CADソフトは1種類だけではない

CADというとどのソフトも同じと考える人は少なくありませんが、大きく分けて汎用と専用に分かれています。汎用CADとは、分野に関係なく使えるように、機能が多数備わっているのが特徴です。反対に専用CADソフトは、使用する用途に特化した機能のみが備わっているCADソフトで、建築用・配管用・電気用・土木用など多彩なソフトが存在しています。また、2D・3Dと2種類存在し、それぞれ使用する用途によって高いニーズを誇るソフトです。用途や業種によって使い分けをしているところも多く、どちらの人気が高いという事はありません。手書きによる製図よりもはるかに素早く、効率よく製図できるため、利便性が高いといいます。利用するときは自社の業務に合った機能の物を選ぶことが必要です。

水道CADは仕様を明確にすることが重要です。いろいろなオプションがあり、この導入の数で費用が大きく異なるためです。

Tuesday, 2021年7月27日
Menu